ファンクション治具製造

製品の機能検査をする治具です。

電装BOXまでの
対応可能!

省スペース治具製作の
経験が豊富!

タイトな納期にも
対応!

治具の機構設計がお悩み際には、
数多くの実績による経験を生かし、
様々なご提案が可能です。

2D・3DのCADがございますので、幅広い対応が可能です。ハンドプレス・ユニットチェッカー・電装BOXの対応可能です。

制作事例

ユニットチェッカー

ユニットチェッカー

特徴ボトムBOXに配線を内蔵することが可能です。また、電源や変換基板も収納可能です。
納期要相談
用途複合機の基板の書き込み・導通試験
時計基板検査治具

時計基板検査治具

特徴シート送り掛仕様
納期要相談
用途LEDの点灯を確認する治具です。
フレキ基板検査治具

フレキ基板検査治具

特徴フレキ基板のファインピッチPADにコンタクトXYの微調整機構
納期要相談
用途FPC実装基板 導通試験
挿抜治具

挿抜治具

特徴サーボモーターにより簡易的な制御が可能。
納期要相談
用途USB等コネクター試験
位置調整機能付きプレス治具

位置調整機能付きプレス治具

特徴ステージにxyΘ調整機能を取り付け
納期要相談
用途小型のデバイスなど簡易的な位置決めだけではコンタクトが難しい時に、その都度位置調整を出来るxyΘステージを取り付けました。

Note: ファンクション治具について

ファンクション治具とは、スマホ、PC、家電製品、昨今では車も電子部品の塊とも言えるように電子部品を搭載した様々な商品で溢れています。電子部品にも様々な種類があり、スマホやPCの頭脳とも言えるCPU、人間の記憶に該当するメモリー、ディスクリート部品と呼ばれる抵抗、コンデンサ、外部機器とのインターフェイスとなるコネクタなどがあります。一つの製品にはこれらの部品が数百~数千と含まれています。そして、これらの部品は個別に存在するのではなく基板と言う電子部品の土台というべき商品に実装されることで完成します。

これらの電化製品などがユーザーの手元に届いて普通に使えるのは出荷前に検査することにより、事前に不良品を取り除くことにより成り立っています。検査の工程、手法も多岐に渡りますがファンクション検査という工程は

複数の部品が実装された最終形態ともいえる実装基板が本来の機能を持っているのかを電気的に確認する非常に大切な工程です。そして、その電気検査を行う機材のことをファンクション治具、ファンクションチェッカーと呼びます。

部品単体での検査も当然行われていますが、大きく違うのは部品はある程度規格があることに対して実装基板は使われる製品によってサイズや実装された部品の種類が大きく違うことも多々あるということです。もちろんアイ・エム・アイも半導体、ディスクリート問わず部品単体の検査治具も出来ます。アイ・エム・アイでは多くの実績と積み重ねたノウハウで、ただ検査出来るだけでなく実際の作業者が効率良く検査が出来るように使い勝手まで含めた完成度の高いファンクション治具を提供いたします。

お気軽にお問い合わせください